忍者ブログ

2017
05
25

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/05/25 (Thu.)16:25

2010
08
02

巻からオシムへの伝言があったとか

ジェフは、苦手な相手得意な相手が、あまりにもはっきりし過ぎ。まぁ、今回は外的要因(?)が加わったことも否めない。

巻がフクアリのゴール裏に向かって、「皆さん、ジェフのことは任せました!」と言うのを聞いて、「うわー、任されちゃったよ、大変だよ」と思ったのは私一人ではないはず。

BLOGOLAの「巻コールの大合唱の中、ロシアへ」読んで…あらためて巻が行っちゃったなぁ…と昨晩夜に涙がぽとり。

巻を見送られた皆様方、ありがとうございました&お疲れさまでした。

そして、巻はオシムへ伝言をお願いしていたとのこと。ええ、ソービニヨン・ブラン、おいしいですよね(笑)。あ、日本脳卒中協会の「オシム、脳卒中を語る」を忘れてた。

わたくし、完全に夏バテで29日(木)は仕事放棄(有給休暇)し、30日(金)は出勤してそのまま夜中に突入し、仮眠しながら30日(土)の朝を職場で迎え、正午前に帰宅して、「はっ」と気付いたら20時前。隅田川の花火大会の時間帯だったとさ。そこから、また、大学院の課題レポートを書いていた。ということで、フクアリにも行けず成田空港にも行けず、8月を迎えたのだった。ああ、情けない。

PR

2010/08/02 (Mon.)21:37 Trackback(0) Comment(1) 丸ごとジェフ(蹴球)

2010
07
27

巻の旅立ち

チバテレビで、レイソル対ジェフを一応見たのだが…勝ちたかった(と一言で終わらせることとする)。

さて、巻の移籍が決定した。「巻の旅立ち」なんてきれいな言葉で表現していいものかと思いつつ…。巻に永久欠番が与えられるということで、何度も固辞したというのがいかにも巻らしい。アムカル・ペルミ側の大きな期待がうかがわれる。


巻の記者会見全文を読んだ。巻は大人だ。いろいろ考えて言葉も選んだのだろうが、彼の意志はよくわかる。一方、三木社長には厳しい質問も飛んだようだ。巻の思いは、(クラブは当然ながら)我々サポーターもしっかり受け止めなければならないとあらためて思う。サポもこんなことやってる場合じゃねぇぞ


そのチャレンジするという中でジェフをJ2の舞台に僕自身、落としてしまったという責任を非常に感じていますし、志半ばというかチームも今、苦しい状況ですし、そういうときにクラブを去るということは本当にいいのかと僕自身、悩みましたし、J1昇格をしっかりと見届けるべきではないかと…

しかし、このクラブにはこれから先、このクラブを去る身ですけど、去っていく選手であったり、入ってきてプレーする選手であったりというのがしっかりと誇りを持ってプレーできるそういうクラブになってほしいと思いますし、選手に対する配慮であったり心遣いを忘れないそういうクラブになっていってほしいと思います。そういう部分ではまだまだこのクラブは成長できるとそういう風に思っています

僕の中ではマンチェスターユナイテッドだったりバルセロナだったり、そういうクラブと同じ価値がこのクラブには、僕の中にはあるんですね。みんなには笑われるかもしれないですけど本当にそれくらいの価値が僕の中にはあるんですよ


【7/27 22:43追記】ジェフ公式にも巻誠一郎選手 移籍会見がアップされた。BLOGOLAが先に掲載したので、全文載せるしかないだろう。

[もし読めなくなった場合に備えて]

2010/07/27 (Tue.)20:51 Trackback(0) Comment(1) 丸ごとジェフ(蹴球)

2010
07
23

「この坂を越えたら…

…幸せが待っている」(ふ、ふるい)と信じて、この試練を乗り越えたら次はきっといいことがあると信じて、ジェフサポは暮らしてきた…かも?そして、また次の坂や階段がやってくるのだ。




炎天下のゆるい坂を選ぶか、日陰で急な階段を選ぶか…、それが問題だ。ってことで、男坂を選んで神田明神へ行ったのであった。正確に言うと、神田明神にある明神会館での会議だ。

2010/07/23 (Fri.)07:55 Trackback(0) Comment(2) 日常生活、雑記

2010
07
19

全ては言わない(言えない)けれど、嘘も言わない、それが巻

(誤変換の嵐で大変失礼しました)

この3連休は、大学院の「スポーツ組織開発論」の集中講義。グループワーク三昧で、しかし、あっという間の三日間。ずっと昔の短大時代を思い起こさせる時間を過ごした。

同じグループにJリーグ某チームの育成スタッフがいらっしゃって、いろいろとサッカーの話をする。巻の移籍報道に関して、「巻みたいな選手はジェフに必要じゃないんですかねぇ」「岡田監督は、(代表選抜の時)矢野か巻かで真剣に悩んでいたみたいですよ」と言われる。

ずっと生観戦できていない身の上。それでも、リーグ戦最下位(J2で最下位は洒落にならん)再開の第一発目の敗戦、しかも、3失点0得点というのは非常に痛いということはわかる。

そこへもってきて日刊スポーツでの報道。巻の口からすべて語られることはないかもしれない。が、巻は嘘はつかない。巻に関して、私が感じていることはそれがすべてである。

さて、レポート書くか…(泣。


 日刊スポーツ・「生涯千葉」に非情…移籍の巻クビだった
 スポニチ・“功労者”巻に「常識」練習参加禁止通達?

[リンク切れに備えてメモ]

2010/07/19 (Mon.)21:24 Trackback(0) Comment(0) 丸ごとジェフ(蹴球)

2010
06
30

泣くな、駒野

 
延長戦の時の円陣。ナビスコ決勝を思い出した…。


長谷部キャプテン、いつもコメントがしっかりしていますね。試合後インタビューで、自分はブンデスリーガなのに、「Jリーグの選手が大部分なんで、Jリーグを応援してください」ってあの場でなかなか言えないよ(J's GOALのこれも)。デンマーク戦の後でも「(歴史を作った感じ)というよりは、僕らも決勝トーナメントに行けたし、韓国も行けたし、オーストラリアと北朝鮮はだめだったけど、頑張って良い戦いはしていた。アジアのサッカーというものを世界に見せられたかなと感じています。日本サッカーだけではなくてね。視点が広いんでしょうね。

PK戦の前に、川島を楢崎と川口が励ましていたシーンの写真、どっかで見つけなければ。


これは、本田がPKを蹴るシーンを見守る選手たち。


泣くな、駒野。君のせいじゃない!顔をあげて帰ってこい!


ここで見つけて追加。言葉はいらないよね。



今日まで日本代表、ありがとう。と、素直にいいたい。明日の朝からマスコミがあーだこーだ言うだろうけどね。

アスンシオンと千葉の姉妹都市関係のため、【W杯】「どちらにもエールを」 パラグアイ首都と姉妹都市の千葉市で親善観戦会 という記事あり。



2010/06/30 (Wed.)02:50 Trackback(0) Comment(1) 日本代表(蹴球)

2010
06
29

アスンシオン@パラグアイと千葉市@千葉県は姉妹都市

私の知っているパラグアイの知識は下記の4つ。

首都がアスンシオン

ウルグアイとよく間違える

深夜の名作映画?みたいなのでみた「ミッション」の舞台。ロバート・デ・ニーロが殉教?

セクシー・サポーターがいる


そして、日本時間23時キックオフに間に合うように帰宅できない予定。職場でワンセグ観戦かな。ここまできたら、あと一勝!毎回毎回大一番の日本代表、がんばれ

で、アスンシオンと千葉市が姉妹都市と知って驚いた。

2010/06/29 (Tue.)14:05 Trackback(0) Comment(1) 日本代表(蹴球)

2010
06
27

見ているようで見ていないワールドカップ

ドイツ対イングランドを放送中で盛り上がっている時間帯だが、ワールドカップが始まってからのテレビ観戦。振り返れば、どの試合もずっと見られたことがない。体調の悪さもあり、仕事と大学院の両立の疲れも出てきた。


日本代表に関しては…

 対カメルーン戦 → 前半見て、後半は記憶がない
 対オランダ戦 → 試合開始は憶えているが、気づいたら、試合終了
 対デンマーク戦 → イタリア対スロバキアをちょっと見てしまったのが運の尽き。
             仕事優先と思い、日本戦は完全に諦め就寝。4時半に自然に覚醒。
             そこからは見た。

なんていいますか、テレビで見ていると、生観戦の良さを思い出してしまい、今シーズン一試合も生観戦をしていないことにイライラしてきた。で、昨日は7月の対レイソル戦チケットを買うべく、争奪戦は予想されたのでがんばってみたが…大玉砕。

8月の第一週は、スポーツメディア論等学校のレポート締め切り。そこをクリアすれば、一応夏休み。が、学部生も入って研究室合宿もある。岐阜での試合の翌日から伊豆へ移動…できればいいのだが、そもそも合宿のための休みを職場でもらえるかどうか微妙なのだが、悩む夏になりそうだ。

世間から乗り遅れているので周知のことかもしれないが、ドイツのエジルのことを、オシムじいちゃんは「羽生」と言っているらしい(千田さんブログのオシムの伝言による)。千田さんの話を直接聞く機会とサインをもらったこともあって、それまでの印象がかわった私は結構チェックしているブログの一つとなった。あ、まだその時買った本をまだ読んでいない(汗。

あ、そだ。レッズの合宿がオーストリアで(サンフレッチェもそうだったような)シュトルム・グラーツと試合だったそうで、マリオの元気な姿がJ's GOALでチェックできた。

サンフレッチェ公式を見ていたら、中島の元気な写真を発見!ストヤノフも発見。あれ?山岸は?

2010/06/27 (Sun.)23:49 Trackback(0) Comment(0) 日本代表(蹴球)

2010
06
21

因縁の蘭学事始の時は、水野ももちろんメンバーだった

(下書きを公開して大変失礼しました…真っ青でした


 「谷間の世代」と言われたアテネ世代復権と言われる今の日本代表だが、そういえば、私はアテネ五輪の一次予選ぐらいから阿部目当てに、結構観戦しとったのでござった(なぜか名古屋弁)。…と、自分のブログで検索かけたら、くどく書いていた(汗。

 世代別代表といえば、U-20(ワールドユース)のオランダ戦。北京五輪世代になるのかな。ウォーターボーイズというより、水水コンビと名称で私の中では刻み込まれている。その水野が日本に帰ってくる。…黄色は黄色でもお隣の黄色に。「日本に戻る時はジェフで」と言った彼が、ジェフではなくレイソルへ行く。事実としてわかるのはそれだけ。それ以上の彼の気持ちはわからない。ジェフの事情も、観戦できていない今、よくわからない。

 さて、そのワールドユースでオランダ戦では、クインシー(当時アーセナル)に(確か中村北斗が)ぶっちぎられた。うちのブログではこのあたりで書いている。そのクインシーは、今はガーナ代表選手。Numberのこちらをどうぞ。対セルビア戦でも途中出場だった。

 北京世代の若手にも、「オランダに勝って!ぼくのためにも」ということだったが、惜敗。善戦だったと思う。知り合いがこの試合を生観戦していたはずなのだが、良い試合が見られてちょっとうらやましい。次のデンマーク戦は大一番になってきた(どの試合も大一番だが)。

 今はジェフのスタッフである志垣さんのブログによると、グランパス所属選手だったキム・ジョンウの落選の時の話や、セフが日本に来ていること等、ワールドカップ開催中にいろいろなことが目まぐるしく動いている。…そして、ついていけないワタクシ。

 テレビ映像に頼っている生活のため、ジェフ情報は公式のテキスト文と写真だけ。学校のスポーツメディア論では、課題も出たりして、書けるんかいな?状態。締め切りが一カ月以上先でよかった。

 なぜか、九石ドーム大分銀行ドームを思い出すJ's GOALの写真

 スポナビ
  イビチャ・オシム氏がオランダ戦を回顧 「本田のプレーが日本全体のプレースピードを落とした」
 オシムの伝言・オランダ1-0日本  

2010/06/21 (Mon.)14:11 Trackback(0) Comment(0) 日本代表(蹴球)

2010
06
17

世代交代は突然に@日本代表

私の楢崎が出場していない。俊輔もいない。川島くんは、グランパスで3年間がんばったもんね。写真でうかがい知る楢崎の笑顔に安心だ。つくづくテレビ観戦ではわからん自分の試合を見る目。おまけに後半の半分は寝ていたので、日本がカメルーンの猛攻をしのいだシーンは見ていない。
松井→本田のゴールはすばらしかったが、大久保の動きとか、また、遠藤と阿部のお互いを見ての動きがとてもよかったそうで(よく見ていなかった…ごめんなさい)。偶然買ったスポニチでは名波さんが阿部をMOMと言ってくれていた。
好きなリンクだけ貼っておこうっと。

 スポニチ   
  本田よりも光っていた阿部 的確な状況判断で完封生んだ
 スポナビ
  イビチャ・オシム氏がカメルーン戦を回顧 「明日の一面がすべて本田なら日本の未来は危ない」他、コラム一覧
 毎日・南アW杯:楢崎、控えの疑問「封印」 今は勝つことだけ
 スカパー・今日のオシムと世界水準 と オシムのつぶやき(ついったー)
 オシムの伝言日本のアウェイ初勝利に拍手(カメルーン戦)

2010/06/17 (Thu.)23:29 Trackback(0) Comment(0) 日本代表(蹴球)

2010
06
15

ドローでよかった

ジェフィ&ユニティたちを堪能。ファミリーフェアプレイ宣言が甲府らしくて好きなのだが、これにも参加させてもらった2匹たち。

ドローでよかった…とかいろいろ書いたのだが、内容が消えてしまって…。気力がないので、これにてごめん。

 ジェフ公式・ヴァンフォーレ対ジェフ

2010/06/15 (Tue.)21:00 Trackback(0) Comment(0) 丸ごとジェフ(蹴球)

2010
06
11

はるかな小瀬~♪

はるかな小瀬、とおーい空(歌詞が違います)。

招待状をいただいて、ジェフィ&ユニティがアウェイまで出張するのは、私が知る限り初めてである。ヴァンくんのポシェットが好き。

今井さんの本「写蹴」はまだ買っていない。塩野七生のこれエッセイとか(花椿連載時代から彼女の文が好き)、こんなんも塩野本の隣にあったので買ってしまったし、「失点~取り返せないミスの後で~」もこんなタイトルが楢崎らしいと思って買う。そういえば、ワールドカップ、今日だったわね。楢崎の公式ブログのどこに宣伝があるかわからず、吉田麻也とかグランパスGKの髙木とかが宣伝してくれているのはなぜ??
他に中井久夫さんのこれもこの続きのこっちも読めてない。おまけに学校の課題の本も読んでない。明日は普通に出勤だ。

えっと、話を戻して、今井さんといえば、ナビスコカップで初優勝した時の阿部に関する記事が忘れられない。

小瀬といえば柵。ここに柵が壊れたところが…あるはず…

2010/06/11 (Fri.)17:32 Trackback(0) Comment(0) 丸ごとジェフ(蹴球)

2010
06
11

オーナーが2カ月ぶりに帰ってきた

職場の近くにはいろいろなカレー屋さんがある。ジャイヒンドが近くておいしいかな。ナンのデカさではビジービー

私の好みは、アールティ。遅い時間に行っても満員だったりする。オーナーと思われる女性は、ここんとこいつうかがってもお留守。「インド大好き。いつ帰ってくるか、わからない」とお店の方がお客さんと話すのを聞いていた。今日、久々にお会いする。二ヶ月ぶりの日本とのこと。「しばらくは行きません」とおっしゃっていた。そして、今日もめちゃくちゃお腹をすかせて、Bセットのカレー2種類を食べつくす。これで、夜21時半過ぎの授業まで夕食なしでがんばれる(はず)。

2010/06/11 (Fri.)15:20 Trackback(0) Comment(0) 食べ、飲み、乗る等

2010
06
09

末広町界隈(四川料理・えひめ飲料)

試合は勝利!点差ほどの内容ではないということだが、ホーム無敗は続行中ですね。

試合相手の愛に満ちた愛媛のチーム。地下鉄・銀座線の末広町駅から職場に向かって歩き、ちょっと路地を入ると、えひめ飲料さんの東京営業本部がある。この前を通りかかると、一平くんを思い出してしまう。えひめ飲料のキャラクターではない一平くんを思い出すのは間違いだが、それほど一平くんは目立っている。J's GOALでもこの通り

えっと、そんなことを思うえひめ飲料さん界隈にあるお店で、職場の送別会があった。なかなか予約がとれないこじんまりした四川料理のお店なのだが、ランチのおいしさはやはり夜にも反映されていた!おいしかったー!香辛料の使い方が好き。

 

やわらかーいイカと煮こごり風の…なんだっけ?

 
豚の耳、美味。


白い麺はお豆腐関係(?)の麺


ホタテの貝柱とユリのつぼみの炒め物。このユリのつぼみは食用なのだ。


エビチリだけど卵が一杯のっていた


ホウレンソウの炒め物。隣の白いマントウ(?)にエビチリをのせて食べる。


待ってました!おこげです!あんかけの酢の使い方が絶品。


麻婆豆腐。山椒がかかってキリっとする。オーナーは陳さんのお弟子さんだったという。

お店はこちら → 四川史菜 彩芳(お店のHPではありません)

2010/06/09 (Wed.)16:37 Trackback(0) Comment(2) 食べ、飲み、乗る等

2010
06
03

わがままな客のスペシャルランチ

ここのお店にランチをよく食べに行くのだが、スタンプがたまると、スペシャルランチが無料で食べられます!接客もすばらしい!ふつうのランチも(多少の)わがままが許されます。たとえば、この味がいいけどスパゲティじゃなくてペンネにしたいとか(逆もあり)。大盛りが食べれそうにないけど、中盛りでもいいですよ とか。大盛りは1.5倍だけど、中盛りは1.25倍。

 31日(月)にスペシャルランチをいただき、2日(水)にまた出かけて、「スペシャルランチ、ブログにはまだですかー」と督促してしまったわがままな客だった。お店は開店1周年というおめでたくも忙しい折に、更新していただきました。私たちが食べたものはこちら。 

お店のHPは下記をどうぞ。
 炭火OSTERIA boratorio
 かがみのブログ



前菜の・いろいろキノコのマリネ・インゲン豆のトマト煮込み・鶏レバームース クロスティーニ


ご希望は?と聞かれ、「トマトソースで具はなんでもよくて、ペンネで」とオーダー。で、エビとナスのトマトソースのペンネ登場!


上司は、私と同じ内容だったが、「スパゲティで」とオーダー。


オレンジとピンクグレープフルーツのソルベ。

いやー、おいしかった!またポイントためるぞー!

2010/06/03 (Thu.)04:04 Trackback(0) Comment(1) 食べ、飲み、乗る等

2010
05
31

母校、四中工を苦しめた(らしい)

 代表戦のことを先に書いてしまったが、ジェフはホーリーホックに勝利できず。応援に駆け付けた皆様、お疲れ様でした。ジェフ公式等いろいろ読むと、あまり内容はよくなかったみたいで…。

 ジェフの敗戦を知った当日、mixiで母校のサッカー部情報を入手。

「三重高校と対戦し、2対0勝利でベスト4進出。明日、県営鈴鹿スポーツガーデンにて準決勝」ということで、30日(日)10:30K/O。おお、水本選手の出身高校を破って、高校総体三重県予選準決勝進出かぁ。同級生たちが四中工と選手権三重県代表をかけて決勝で戦ったことを思い出した。実家に偵察隊出撃を頼んだが無理だった模様。

 そして、準決勝の結果は下記の通り。延長までもつれたのかー。情報によると、善戦したということだった。うー、残念!

四日市南 0 - 1 四日市中央工業 
前半 0-0
後半 0-0
延前 0-1
延後 0-0

2010/05/31 (Mon.)23:06 Trackback(0) Comment(1) その他(蹴球)

ジェフ関係ニュース

アーカイブや検索


PR リフォーム 東京

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


過去の月別記事
【2004年10月が最古】


カテゴリー別記事
【「未整理で混在」を放置中】


ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

リンク

My BlogList

プロフィール

HN:
しょう(syo97)
性別:
非公開
職業:
さすらい族
趣味:
サッカー観戦、PCを触っていること、読書(ノンフィクションとか歴史とか特定のミステリーとかマンガとか普通の小説やエッセイなど節操がない)、観劇(最近ご無沙汰)、映画鑑賞(昔は映画の会に入会)等

携帯はこれで

カウンター

アクセス解析

RSS

世界の遺跡