忍者ブログ

2017
12
14

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/14 (Thu.)11:26

2005
02
21

子どもたちのきらきらした瞳

 どうも昨日生観戦をしなかったせいか、試合への感じ方が薄いというか(反省)。ということで(?)、下書き状態だった記事で今日はごまかす。22日未明にドリコムのメンテのアナウンスがあったが、既に重い。申し訳ありません。



----------------------------------------

 子どもたちのきらきらした瞳

 今年は地方開催はない。それについて少し。首都圏から、松本や秋田へ行くには、時間も交通費もかかるし、ホームジャックされちゃうし、「何のメリットあるんやねん」と思っていた。が、昨年6月ナビスコのジェフ対トリニータ@秋田・八橋(やばせ)へ日帰りで行ってみた。実は出張と重ねる予定が無理になり、6月に秋田へ二度行ってしまったのだ。行き方は、アウェイシリーズとして書く予定。



img20050221.jpg


                ホームゴール裏・前の席は子どもで一杯



img20050221_1.jpg


                   メインからホームゴール裏風景



 秋田空港から会場の八橋(やばせ)陸上競技場は空港からバスで一本(秋田駅で降りずに行けた)で、会場の外には屋台がたくさん出ていた。五平餅みたいなのがおいしかったなぁ。

 話がそれたが、秋田の、特に、子どもたちがたくさん会場に来ていた。私はメインスタンドに座ったが、メインSはゾーン指定で家族連れやカップルが多く、SSゾーン(こっちは指定席だったかな?)は阿部一族が岩手から応援にかけつけていた。ゴール裏は、小学生の集団がたくさん来ており、ハレルヤさんも気を利かせて、コールを合わせていてとても良かった。

img20050221_2.jpg
 

img20050221_3.jpg


                この二枚も、前のほうは子どもたちで満員

 阿部選手の人気は絶大で、佐藤選手も同様。数年前に、秋田でマリノスと対戦した時、阿部選手はFKを決めたことがあり、また、その試合に先立って行われた子ども対象のサッカー教室では佐藤選手がコーチをしたらしい。そんなこともあって、子どもたちの選手たちを見つめる瞳はきらきらして、売店のグッヅの売れ行きはすごかった。



 彼・彼女らが成人してサッカー選手になるかもしれない、あるいは、ジェフのサポーターになってくれるかもしれない。そんなことを思うと、地方開催の存在の意味というものを考えざる得なかった。今年は、松本は、甲府対草津の温泉ダービーが予定されている。秋田は、山形が開催するのかな。ジェフの試合はないけれど、子どもたちのきらきらした瞳を思い出すたび、その輝きが失われないことを祈っている。



 そうそう、帰りの飛行機は大分のハン・ベルガー監督や選手たちと羽田まで一緒だったが、さらに乗り換えて帰っていった。秋田での相手・大分はあまりにも遠すぎて本当に気の毒だった。

PR

2005/02/21 (Mon.)22:10 Trackback(0) Comment(0) 未整理で混在中

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

ジェフ関係ニュース

アーカイブや検索


PR リフォーム 東京

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


過去の月別記事
【2004年10月が最古】


カテゴリー別記事
【「未整理で混在」を放置中】


ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

リンク

My BlogList

プロフィール

HN:
しょう(syo97)
性別:
非公開
職業:
さすらい族
趣味:
サッカー観戦、PCを触っていること、読書(ノンフィクションとか歴史とか特定のミステリーとかマンガとか普通の小説やエッセイなど節操がない)、観劇(最近ご無沙汰)、映画鑑賞(昔は映画の会に入会)等

携帯はこれで

カウンター

アクセス解析

RSS

世界の遺跡