忍者ブログ

2017
12
13

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/12/13 (Wed.)00:40

2005
03
17

TGは春の陽だまりの中で(2)

 ジェフ対佐川急便東京SC 7-2(前半3-2, 後半4-0) 得点者:<前半>要田・林・佐藤 <後半>巻×2・水野・佐藤(By EL GOLAZO) 



 得点者など姉崎日記閲覧可能な方はそちらをどうぞ。14:50頃から開始。前半の出場は、GK櫛野、DF水本・ストヤノフ・阿部、MF坂本・勇人・羽生・水野・工藤、FW林要田。 阿部がリベロかと思ったが、2バックだったような→前半は2-6-2、後半は3-5-3(By EL GOLAZO)



 サテの後半から続けてみると、正直、こちらの前半は、早々にカウンターから失点したこともあり、「サテの方が調子いいかも」と一時思った。相手は佐川だし、大きい選手も多かった。私の中では、「天皇杯でグランパスをこてんぱんにのした佐川」であり、昨年もジュビロを一点差にまで追い詰めた。が、徐々に波に乗って、得点する。林選手ももう一点入っていそうな惜しいシーンあり。前半が終了して、スタンドの最前列へ降りていけば、監督の指示など聞こえたと思うが、怠慢になってその場を動かなかった。



 後半は、阿部に代わり竹田。阿部の交代はフォーメーションを試すためだろうか(ケガとかではないと思うのだが不明)。FWが林・要田に代わり、巻とハース。後半途中に、GK櫛野から岡本へ。



 ハース→勇人のゴールはきれいだった。ハースも自分で打てるシーンがいくつかあったが、だんだんと連携が合ってきたのかな。櫛野が前半は羽生に声を飛ばし、後半は竹田が坂本などに叱咤&助言されていた。水野にも声はかなり飛んでいた感じ(ゴールは決めていた)。



 私が見た限り、斎藤とポペスク、山岸の姿はなかった。FWは、巻・林・要田・ハースで組み合わせを試しているのだろうか。昨シーズンの土壇場で効果的だった巻&要田コンビの印象が強く、どーなのかなぁとぼーっと考える。



 春の陽だまりで、選手たちは暑そうだったが、私はだんだん足元だけが寒くなり、まだまだ冬支度でないと観戦できないと思った。そして、TGはメモらないとダメだ〜(最初は携帯にメモしかけたのだが諦め)。



 そしてそして、平日の午後というのに、なして秋津にあんなに観戦者がいるのだ??学生ならこの時期卒業して暇ってものわかるが、企業勤務や公務員なら、年度末の3月、忙しくないのか?いいのか?…などと自分のことを棚にあげて思ってしまったのだった。



 TGのアルバム(試合終了後のものが多いかも…)

 ジュビロ磐田公式HP・第84回天皇杯全日本サッカー選手権大会 佐川急便東京SC vs ジュビロ磐田

 純喫茶グランパスくんアーカイブス・名古屋0−4佐川急便(注:2001年天皇杯)



img20050316.jpg


            巻の得点シーン(後半すぐの豪快なシュートはゴールポスト直撃!)



img20050316_1.jpg


                 勇人の得点シーン(?)の後



img20050316_2.jpg


      佐川の選手とお知り合いらしい羽生(「連絡ちょーだい」とか言っていた)



img20050316_4.jpg


オシム監督やコーチなど(左端が新しい欧州系のコーチ?)試合後に反省会(?)をする横で…



img20050316_3.jpg


       クールダウンする選手たちに近づくあやしいマスク男(櫛野だった…)
PR

2005/03/17 (Thu.)02:38 Trackback(0) Comment(0) 丸ごとジェフ(蹴球)

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

ジェフ関係ニュース

アーカイブや検索


PR リフォーム 東京

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


過去の月別記事
【2004年10月が最古】


カテゴリー別記事
【「未整理で混在」を放置中】


ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

リンク

My BlogList

プロフィール

HN:
しょう(syo97)
性別:
非公開
職業:
さすらい族
趣味:
サッカー観戦、PCを触っていること、読書(ノンフィクションとか歴史とか特定のミステリーとかマンガとか普通の小説やエッセイなど節操がない)、観劇(最近ご無沙汰)、映画鑑賞(昔は映画の会に入会)等

携帯はこれで

カウンター

アクセス解析

RSS

世界の遺跡