忍者ブログ

2017
06
26

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/06/26 (Mon.)19:53

2005
01
27

サッカーは日常の中に

050107_0058%7E01.jpg ミステリーの中でも、探偵が現場に出ないで事件を解き明かす作品がある。安楽椅子探偵とか言われている。イギリス人のジョセフィン・テイが書いた「時の娘」もその一つである。 犯人を追いかけている最中に蓋があいていたマンホールに落っこちて骨折してしまった警部(労災だ(笑))は入院させられ退屈で仕方ない。周囲の助言で、イギリス史の常識をくつがえそうと、リチャード三世が本当に甥を殺した悪人かどうか、調べ始める。



 で、この本をかな〜り昔に読んだのだが、「亭主はヨーク家を、かみさんはランカスター家を応援したためである。つまり、フットボールの試合とたいしてちがいはないのである。ヨーク家を支持しようがランカスター家を支持しようが、誰にも叱られない。アーセナル・チームを支持しようがチェルシー・チームを支持しようがそれぞれの勝手であるのと同じだったからだ」というくだりがある。この作品は1951年のものだが、サッカーが日常の会話なんだと思いながら読んでいた。もっとも読んだ時は全然わからず、「ねー、アーセナルとかチェルシーって、巨人や阪神みたいな感じ〜?」と妹に聞いた記憶がある(その後、妹と友人は、アーセナル対マンUを生観戦することになったのだが)。



 表紙は、悪人とされたリチャード三世の肖像がである。ロンドンのナショナル・ギャラリーの隣にあるナショナル・ポートレート・ギャラリーで確認してきた。ミステリーが好きで、歴史、特にイギリスのばら戦争が好きな人にはお勧め。絶版になっていなかったので安心した。

 Amazon・時の娘

PR

2005/01/27 (Thu.)11:52 Trackback(0) Comment(0) 未整理で混在中

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Trackback

Trackback for this entry:

ジェフ関係ニュース

アーカイブや検索


PR リフォーム 東京

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30


過去の月別記事
【2004年10月が最古】


カテゴリー別記事
【「未整理で混在」を放置中】


ブログ内検索

最新コメント

最新トラックバック

リンク

My BlogList

プロフィール

HN:
しょう(syo97)
性別:
非公開
職業:
さすらい族
趣味:
サッカー観戦、PCを触っていること、読書(ノンフィクションとか歴史とか特定のミステリーとかマンガとか普通の小説やエッセイなど節操がない)、観劇(最近ご無沙汰)、映画鑑賞(昔は映画の会に入会)等

携帯はこれで

カウンター

アクセス解析

RSS

世界の遺跡